介護の仕事に就いていて、夜勤したくないという意見を述べると批判されることが多いですね。


同じように考えている人が多いので、そういう厳しい意見が出てしまうのです。


しかし、無理をし続けていると体調を崩してしまう場合もありますし、


夜勤から日勤に変えるだけでも、介護の仕事が一気に楽しくなるという場合が多いです。


ですから、夜勤したくないという思いが強くなってきたら、


思い切ってその願いを伝えることが重要です。

介護で夜勤したくないと伝えるのは悪い事?!

夜勤したくないと伝えづらい場合は?

夜勤したくないです、と職場に言いたいけど…


もしもそれが難しいと思うのであれば、


思い切って転職について考えてみましょう。


介護業界は慢性的な人手不足となっていますので、


ある程度こちらの要望が通る求人情報をたくさん見つけることができます。


例えば、夜勤したくないということであれば、


デイサービスで募集が出ていないか調べてみましょう。


その他施設でも日勤のみの募集という場合もありますので、


色々な情報を検索することができます。


新たな人間関係を作るのが面倒くさいと感じることもあるかもしれませんが、


夜勤に苦しめられるよりも、新しい職場にと飛び込んだ方が楽だと感じる人の方が多いです。


最初は少し大変かもしれませんが、


自分の体調や家族のことを考えれば日勤の職場に転職するというのは賢い選択です。


福利厚生に関して心配しているのであれば、


大手の法人が経営しているデイサービスの求人を探せば、


今と同じような待遇で雇ってくれる可能性が非情に高いです。


事実、私が夜勤の施設はもう家庭との両立が難しくなったので、


日勤の高待遇の転職先を見つけることに成功しました。
⇒大手優良施設多数!非公開求人をチェックしてみる!


当然のことながら夜勤手当は出ませんので、多少収入は下がるかもしれませんが、


体調を崩して病院に行く医療費を考えたら経済的には楽になるというケースも多いです。

我慢しないで高条件をつかみ取ろう!

夜勤したくないという意見がわがままだと捉えられるのは、介護業界の悪い風習です。


みんな頑張っているのだから自分も頑張らなければいけない


と思い詰めるのはやめましょう。


それぞれの条件がありますし、人によって体力も違うものです。


日勤のみにすることにより、少しでも余裕を持って利用者と接することができるので、良い事の方が多いです。


社会福祉主事や介護福祉士等の資格を持っていれば、


生活相談員としてデイサービス等に就職できる可能性が高く、


給料もそれなりの金額がいただけます。


夜勤に悩んでいる人は、自分の気持ちを素直に職場に話してみるか、


あるいは転職を考えるという方法で解決していきましょう。


何もしないで悩み続けているというのが一番良くありませんから、ある程度思い切った行動が必要です。


それは別に悪いことではないという開き直りも必要なのです。