介護職は非常に辛いと感じる時が多いです。


確かに汚い仕事も多いですし、


利用者さんとトラブルが生じてしまうと辛い思いをすることもあります。


しかし、少し考え方を変えてみると、


どのような仕事であっても辛い事と嬉しい事があるのではないでしょうか。


介護職というのは、相手を幸せにすることのできる貴重な仕事です。


高齢者介護をしているのであれば、人生の大先輩の最後の生活をお手伝いすることができます。

介護職がつらい時に考えたいこと。

介護の何がつらいのか?はっきりさせることが大切

もちろん、このような奇麗事だけで通用する世界ではありませんし、


職員間同士でのトラブルなど辛いことはたくさんあります。


しかし、介護職自体が辛いというだけではなく、職場の体制に問題があるという場合もあります。


例えば、職場がしっかりとした人員配置をしておらず、


兼務ばかりをさせているような状態だと職員同士でのトラブルがどうしても多くなります。


例えば施設で働いている場合、法的に決められている人員配置がありますが、


それだけでは中々現場は回っていきません。


しかし、どうしても経営者側は人件費を削減したいと考えているので、


ギリギリの人数で回そうとします。


どんなに介護職が好きな人でも、


夜勤が続いたり、連日出勤になると辛いと感じるものです。


ストレスがたまっていると自分の気持ちが分析しづらくなりますが、


介護職自体が辛いというよりも、働いている職場の環境が辛く感じている場合が多いです。


全ての介護事業所がそのような過酷な状況を作り出しているわけではない、


ということも知っておくと良いでしょう。


介護職を楽しめるような職場環境づくりを採用している事業所もたくさんあります。


特におすすめなのが大手の介護施設。


経営母体の資金が潤沢にあると、


介護士の給与や無理ない人員配置なことが多いです。


少ない職員で過酷な労働をさせられている介護士さんは、


どんな大手優良施設があるか?見てみるだけでも参考になりますよ。


⇒大手優良施設求人No.1こちら!


転職をしてその事実に気付く人もいますし、環境を一度変えてみるというのも良いでしょう。


長く同じ所にいると、色々とフラストレーションが溜まって仕事が辛いと感じることが多くなってきます。


だんだんと責任が重くなってきて、それが原因でストレスが溜まっているという場合もあります。


純粋に利用者と向き合った仕事がしたいと思っていても、


書類仕事が多かったり職員間での調整などの役目に就いてしまうと、


いつの間にか介護が楽しくないと感じてしまうものですね。


責任ばかり重くなって、給料はほとんど変わらないという場合もありますので、


自分の限界を超えていると感じるような役割を与えられた時には、


辞退するかもしくは転職というオプションを検討してみましょう。


もしかしたら介護職が辛いと感じているのではなく、


職場環境に問題があるのかもしれません。


せっかく介護という仕事が好きなのに、


一つの職場で耐えるなんてもったいない!


あなたに介護職の経験があれば、需要はかなり多くありますから、


職場を変えて今のつらさをリセットしてしまうのも方法ですね。


⇒じゃあ介護の転職先はどう探す?