介護士の転職先はいろいろありますが、


自分の中で優先すべき事柄を見つけながら転職活動をすると良いでしょう。


転職のきっかけとなったのは、人間関係のストレスなのか、


スケジュールのハードさなのか、給料の安さなのか等、


色々と自己分析してみると特に良い就職先を見つけることができます。

介護職の転職先、どうやって選ぶ?

人間関係で介護職やめたい…

例えば人間関係のストレスに悩まされている場合、


職員間のトラブルでしょうか?利用者さんとのトラブルでしょうか?


それだけでも対策が変わってきます。


例えば、職員間のトラブルが原因となっている場合、求人を頻繁に出している事業所よりも、


久しぶりに求人を出している事業所に転職したほうが良いかもしれません。


転職先の候補となっている事業所についてよく調べてみましょう。


転職支援のコーディネーターに聞いてみるのも手です。
⇒離職率の低い優良案件はこちら!


利用者とのトラブルが原因となったストレスの場合、


ずっと同じ利用者と接しているのが辛いと感じているのであれば、


転職先は施設ではない方が良いでしょう。


デイサービスなどの通所施設であれば、いろいろな利用者が交代で来るので、


一人一人との交流はそこまで深くならなくて良いかもしれません。


逆にそういう環境がストレスだと感じる介護士もいますので、


自分の性格に合わせた転職先を選ぶことが重要です。

介護士は忙し過ぎるからやめたい…

スケジュールがハードで転職を考えている介護士は、


とりあえず夜勤がない転職先を選んだ方が良いでしょう。


疲れは体に蓄積されていますので、一度日勤のみの職場でリセットすることが大切です。


介護士によっては夜勤の方が気楽だと感じる人がいますので一概には言えませんが、


基本的に夜勤は疲れを感じやすいものです。


デイサービスや訪問入浴など、日勤に限られている転職先を選ぶことができます。

介護の給料が安すぎてやめたい…

待遇に関して改善してほしいと願っている場合、


経験者を急募している施設や事業所に転職すると良いでしょう。


そのような場合、なるべく良い条件で人を集めたいと考えているので、


まだまだ人集めに余裕がある会社よりも良い待遇で迎え入れてくれる可能性が高いです。


転職先には今まで自分がどのような仕事をしてきたのか具体的に知らせる必要がありますし、


どの分野の仕事が得意なのかという点もアピールしましょう。


待遇が良い求人情報には多くの人が飛びつきますので、


その他の転職先の候補と比べて倍率が高くなる可能性があります。


その辺を意識して自分のアピールポイントをまとめておきながら、面接に向かうと良いでしょう。


いずれにしても、転職先は簡単に選ぶのではなく自分の求めている職場の条件をよく吟味することが大切です。


⇒介護の未経験でも正社員に?こちら