介護士は資格なしでも沢山の求人があります。


例えばデイサービスではヘルパーの資格がなかったとしても


働ける場合が多いです。


資格なしでもいいからとにかく介護士として働いて欲しい、
と求人を頻繁に出している事業所があります。


福祉業界は人手が足りませんから、
資格なしだからと言って弱気な態度で就職活動をする必要はありません。

介護士は無資格でも就職先はある?

働きながら介護の資格も取れる!

介護業界に転職するには年齢制限もありませんし、


資格なしで飛び込んで経験年数を重ねていきながら
介護福祉士などの国家資格を取るということも可能です。


利用者さんからしたら誰がどの資格を持っているかわかりませんから、


資格なしだったとしても気まずい思いをするということもほぼありません。


現在働いていて、資格なしで別の職場に転職したいと考えている人も同じです。
同じく資格なしで求人している会社に応募することができます。


身体介護を3年間やっていれば、介護福祉士の資格も目立つことができます。


現在は資格なしだったとしても将来的に資格を取りたいと考えているのであれば、


それを転職先に伝えることによって、有利な条件で入社することもできるでしょう。


転職する際には、介護士としてどれくらいの情熱を持っているかということをアピールするのが重要ですから、


現在資格なしだったとしても将来のために勉強しているなど、具体的なアピールポイントを持っておくと良いです。


介護士として5年間働き、その間に資格を取得しておけばケアマネージャーの受験資格も得られますので、
さらにステップアップすることも可能です。


現在資格なしだったとしても、介護士として求人に応募することで、今後いろいろな道が開けます。


高齢者施設だけではなく、障害者施設で介護士として働くこともできますし、


多くの場合資格なしでも生活支援員として働けます。


求人情報に資格不問と書かれている場合が多いので、そのような会社をリストアップしていきましょう。


すでに働いている人は介護士として働くのは大変だということは理解していると思います。


それでも、別の場所で介護士として働きたいと考えているのは利用者のお世話が大好きな証拠です。


資格があったとしてもなかったとしても、


優しい気持ちがあれば介護業界では良い仕事をすることができます。


そして、人柄やコミュニケーション能力が重要視されますので、


どのような求人に応募したとしても重宝されます。


介護士としての就職や転職を目指している人は、


資格なしということをコンプレックスに感じる必要はありません。


⇒無資格でもOKの介護求人こちら!