介護士の中でいじめ問題が起きてしまうのはとても残念なことです。


利用者の福祉を考えて働くのが介護業界の基本なので、


介護士間のいじめが起きているというのは信じられないかもしれません。


福祉業界で働いている同僚はみんないい人だと勘違いしてしまうこともありますが、


残念ながらいじめは本当に存在します。


一般企業ではパワハラとして完全にアウトと判断されるような言動も、


残念ながら福祉業界では当たり前のように見られます。


では今介護士同士のいじめで悩んでいたらどうしたらいいか?


一緒に考えていきましょう。

介護士同士のいじめ我慢するべき?!

いじめは我慢せずその場から去る!

そもそもどうして介護職員同士のいじめなんて起こるんでしょうか?


最近の人手不足と同時に、業務自体に大きなストレスがかかるので、


つい同僚に対して悪態をついてしまうという人が多いのです。


介護士としての仕事は好きだけれども、


いじめが原因で転職を考えるという人がたくさんいます。


そうなってしまった場合は、自分を正当化する必要があります。


福祉業界に勤めている人の多くは責任感が強く、


現場を離れるということに対して非常に強い罪悪感を感じることが多いです。


そのような理由でいじめられたとしてもなんとか耐えなければならないと考え、


心の病気になってしまう人すらいるのです。


これではもったいないです。


あなたの介護が好き!という気持ちを大事にしてあげてください。


いじめなんてくだらない事に巻き込まれないで


介護という仕事に誇りを持ってチームワーク良く働いている場所は


他にもたくさんあるんです。


介護士同士のいじめはとにかくその場を去ることです。

介護士いじめなんて放っておいて転職を考える!

介護士としていじめを経験しているのであれば、思い切って転職を考えましょう。


良い職場を見つけることができれば楽しく介護の仕事をすることができます。


人間関係に不安があるのであれば、


オープニングスタッフ募集の求人に絞って検索することもできるでしょう。


いじめに悩んだ人であれば同僚に対して辛く当たるということもないでしょうから、


オープニングスタッフ案件であれば良い人間関係を築ける可能性が高くなります。


いじめられている人にも原因があるという意見もありますが、そのような意見は一切無視です。


そんなくだらないことに巻き込まれないようにします。


介護士として職場でいじめを受けているなら、当然の権利として転職すべきです。


仕事自体で利用者にかなりの気を使わなければいけないわけですから、


職員間で余計なトラブルが生じている職場は、良い事業所ではないのです。


自分が悪いという気持ちは完全に捨てて、新たな良い職場を探しましょう。


いわゆる女性の職場と呼ばれる業界ですから、


一般の会社では起きないような残酷な人間関係が構築されている所もあります。


介護業界で長年働いている人にありがちなパターンですが、


どこに行ったとしても同じような問題はあるので


今あるところで頑張ると無理してしまうことが多いです。


大きなストレスを感じると体調にも大きな影響が加えられ、


好きだった仕事自体が続けられなくなってしまう場合もあります。


そうなる前に、思い切った行動で新しい環境に飛び込みましょう。


なるべく大手で高待遇の所を選ぶと、


職員にも心のゆとりがあるのでいじめが起きにくいですよ。


⇒大手高待遇非公開求人は?